通信講座で宅建を習おう|住まいのプロになる

保育の現場で働くためには

女性

活躍の場は広いと言えます

待機児童問題等を抱える現代社会においては、保育士の社会的意義は大きく、その活躍が期待される専門職でもあります。保育士になるには専門学校等で特定の科目を履修する必要があります。その特定の科目というのが栄養学や発達心理学等の他、ピアノ等も弾けるようになることが求められます。これらは専門学校の中で学習することができますが、これとは他に実際に保育の現場に行き、保育士の下で実習を学びにも行きます。実習ではその内容を学校や現場の保育園に提出しなくてはならない大変さはありますが、専門学校では学ぶことのできないたくさんの経験を積むことができます。こうしたカリキュラムや実習を経て、初めて保育士になることができますが、保育士の活躍の場は何も保育園だけにとどまりません。保育士の活躍の場は非常に幅広く、保育園の他、児童養護施設や児童相談所等、多岐に渡ります。また、近年では幼児向けの児童デイサービスも増えてきており、そうした場でも専門性を活かすことができます。保育園以外の場所では保育以外にも、関わりの面で専門性を求められる他、臨床心理士等の他職種との連携も求められますが、特別な経験を積むこともできます。このような特別な経験は非常に貴重なものであり、その経験で得たことを後進に伝えるために、大学や専門学校で講師や教授として勤務することも可能となります。そのため、保育士だから保育園で働くということ以外に広く視野を持つことも大切であると言えるでしょう。