通信講座で宅建を習おう|住まいのプロになる

幼児教育を担う人材

レディ

3種類の免許状がある

幼稚園教諭の免許状には専修・一種・二種の3種類があり、専修は大学院修士課程修了程度、一種は4年制大学修了程度、二種は短期大学・専門学校修了程度となっています。いずれにしても大学で専門科目を履修するか、文部科学大臣が指定する養成機関を卒業しなければ、幼稚園教諭の免許状を取得できません。専門学校で2年間学ぶのが、最短コースで幼稚園教諭になる方法です。より上位の資格を取得したい場合や、専門的な知識を身につけたい場合は、大学や大学院に入学することをお勧めします。どこの大学でも資格を取得できるわけではなく、専門の課程が置かれている学校を選ぶ必要があります。資格を取れる大学や短大は、文部科学省のホームページにも掲載されています。近年では各学校のカリキュラムや偏差値、学費などが情報サイトに載っているので、自分に合った学校を探してみると良いでしょう。特別な受験対策は必要ありませんが、面接重視の大学であれば、幼稚園教諭を目指す強い意志や動機を説明できるよう練習しておきましょう。 免許状を持っているだけでは幼稚園教諭にはなれず、公立の幼稚園なら都道府県の教員採用試験に合格する必要があります。私立の幼稚園では、それぞれの採用試験を実施しています。大卒の場合は、いかに深い知識を身につけているかがポイントのひとつになります。なお認定子ども園の教諭になるには、保育士の資格も必要となるため、一緒に取得できる大学を選ぶのもひとつの方法です。