通信講座で宅建を習おう|住まいのプロになる

保育のプロになるためには

保育園

知識以外のことも大切です

保育士は子供の成長をサポートするプロであり、子供を持つ親にとっては心強い味方でもあります。そんな保育士になるためには保育士養成の大学や専門学校、短大等で特定の科目を履修しなければなりません。また、保育士になるには単に大学等に入れば良いというわけでも、知識だけ身に付ければ良いというわけではありません。実際には、器用さやコミュニケーション力も必要とされます。というのも、器用さには保育園の飾りつけや手遊び、ピアノを演奏する能力も必要とされるからです。そのため、通常の社会人と比較すると、知識と同等に器用さが要求されます。しかも、これらのことはあまり大学等で学ぶものではなく、いきなり実践を要求されます。この他、コミュニケーション力は他の保育士は勿論のこと、子供の親への報告や連絡等にも必要とされます。また、保育園で働く上では、園児と保護者、保育士とのコミュニケーションに限られますが、児童相談所や児童養護施設、児童デイサービスといったところで働く場合には、臨床心理士や看護師、精神保健福祉士といった他専門職とも連携を取る必要があります。そのため、大学等ではなかなか学ぶことのできないコミュニケーション力を要するため、学校の授業以外のことも要求されることを自覚しておくと良いでしょう。しかし、いきなり何でもできる人もいないのも事実です。そのため、保育に対しての情熱やモチベーションを失わないようにしていけば身に付くこともあるため、やる気だけは失わず、学生時代から一生懸命やることが大切と言えるでしょう。